マタニティスーツの選び方|【家計圧迫は避けたい】賢く卒園式のスーツを選ぼう
ロゴ

卒園式のママのスーツ情報

マタニティスーツなら妊娠中も快適に着こなせる

マタニティスーツの選び方

子供と保育士

お腹周りに負担のないもの

妊娠中はお腹周りが大きくなり、今まで着用できた服が着ることができなくなります。そのため、卒園式に着用するスーツなど妊婦の服選びは大変です。選ぶ基準はデザインや色も必要ですが、一番はお腹周りです。お腹周りをベルトや伸縮性が無いものを履くと、卒園式の最中も負担がかかるし苦しいでしょう。選ぶ基準として、ウエスト調整ができるタイプにしてください。ジャケットなども少し余裕のあるものが良いです。

産後も着用できるもの

すでにお子さんがいる場合、上の子が卒園式を控えている人もいることでしょう。スーツは卒園式だけでなく、他のシーンでも着用するのでいつでも着られるようにと考えることが大切になります。例えば、出産後にある行事で「お宮参り」があります。だいたい、生後1ヶ月を迎えた時に参拝します。その際もフォーマルな格好がマナーとして良いためスーツが良いのです。なので、マタニティスーツを購入する際は産後の事も考えて購入しましょう。ちなみに、授乳口が付いているタイプのジャケットなどもあるので、機能性も選ぶ基準のひとつですよ。

素材

卒園式で着るスーツの素材を選ぶときは、自分の好きな素材が良いですが、妊娠中なら通気性や伸縮性の素材を使用しているマタニティスーツが最も選ばれていて、おすすめです。妊娠前に比べ、体型もふっくらするため、素材選びは重要なのです。

スカートかパンツどっち?

どっちを選ぶかは好みになります。ただ選ぶ基準としては、普段履き慣れたものが良いでしょう。コーデネートは自分次第です。そのため必ずコレが良いと言うものはなく、好きなように選んでください。動きやすく疲れないものが良いでしょう。

選ぶ注意点

上記には、妊婦さんのためになるスーツを選ぶ基準について説明しました。でも、選んではいけない基準もあります。通気性の悪いもの、丈が短いものなどです。服装は、卒園式などそのときのシーンに合った着こなしをすることが大人のマナーであり、母親としてのマナーとも言えます。通気性に関しては、蒸れやすくなると体調にも悪いためです。体調やシーンにあった服装を選びましょう。

広告募集中